ホーム>スタッフブログ>ブログ>バリアフリーリフォームについて考えたことありますか?
ブログ

バリアフリーリフォームについて考えたことありますか?

「バリアフリー」という言葉は多くの方が聞いたことがあると思いますが、実際にご家庭でバリアフリーを意識した事はありますか?

「ない」と答えた方、恐らく多いのではないでしょうか。

ですがリフォームを考えるときに「バリアフリー」を意識するのとしないのでは

将来家庭の居心地の良さに大きな差がでてくるかもしれません。

今回はリフォームする際の「バリアフリー化」についてお話します。

「バリアフリー」て何?

バリアフリーとは障がい者を含む高齢者などの社会的弱者が生活するうえで支障になる障害や精神的な障壁(バリア)を取り除く(フリー)ことを言います。

最近では「ユニバーサルデザイン」という言葉も聞かれるようになりましたが

こちらは老若男女すべての人が使えるように考えられたデザインと言う意味。

「みんなが使いやすいように」

「どうしたら困らないか?」

このような考え方や実際に造られたものを「バリアフリー」といいます。

家を使う人は日々変わっていく

家族の形態は日々変わっていきます。年齢を重ねてから、お子様が成人されて家を出てから、

改めて住まいの快適さを見直して手入れをしていくのもバリアフリーの考え方といえます。

また高齢になったご両親と住まわれたりお子様のご結婚により家族が増えたりと

住む人が変わればそれに合わせ住まいの形を変えていくのは「バリアフリー」という言葉を使わずとも当たり前なのかもしれません。

具体的に家のどこをバリアフリー化すればいいの?

では具体的に家のどの箇所に焦点をあててバリアフリー化すればよいのでしょうか?

手すりをつける

年齢を重ねると難しくなってくるのが「立ったり座ったりの動き」。

玄関で靴を履いたり、トイレでの立ち座りなど生活の中で欠かせない動きですが、手すりが設置してあるのとそうでないのとでは身体への負担が大きく違ってきます。

設置する場所はトイレ、浴室、脱衣室、階段、玄関、廊下などが多いですね。

取り付けるにあたっては壁にネジで取り付けるだけなので大幅なリフォームの必要はありません。

簡単に取り組めるバリアフリー化の一つです。

段差をなくす

一昔前の住宅は個室数が多く家のありとあらゆるところに段差がありました。

高齢者に限らずこれらの段差に足をとられ転倒するケースは多く

2017411105726.jpg

 

最近では簡易的に段差をなくすこんな商品も発売されています。

段差をなくすことで安全性が高まるだけでなく、

もし車椅子を利用するようになった時にも

一人で部屋の行き来ができるという利点があります。

引き戸にかえる

一般的な住宅では引き戸より開き戸の方が

多いと思いますが、車椅子を利用する場合開き戸よりは引き戸の方が便利がよいです。

全てを引き戸にする必要はありませんが

リビングやダイニングなどよく使われる部屋の戸を引き戸にすることで車椅子で移動できる範囲が広がります。

生活の中心を下層階に

最近ではリビングを広く取るために上の階に浴室があったり寝室や洗濯の物干しは上の階というお宅も少なくありません。

階段の上り下りを考えると

できるだけ下の階で一日の生活の多くが出来る住宅の方が負担が少なくて済みます。

特に食材の持ち運びを頻繁に行うキッチンは外から短い距離にあるか?

衣類は洗う→干す→取り込む→収めるの動線が短く簡単に出来ているかなど

今一度住まいを見直してみてください。

家族みんなに優しい住まい作り

住まいをバリアフリー化するのは特別なことではなく

家族や将来年齢を重ねた自分たちが住みやすい環境にかえていく、家族全員に優しい住まい設計です。

弊社では依頼主様それぞれの家庭環境にあった優しい住まい作りを心がけ細やかに対応させて頂いております。

バリアフリーについて気になること、お困りの際はぜひご相談ください。

           2017928115955.jpg

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ishikawa-kensetsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/28

ページ上部へ