ホーム>スタッフブログ>ブログ>これだけは知っておきたいフローリングの床材の選び方
ブログ

これだけは知っておきたいフローリングの床材の選び方

フローリングの床材って沢山種類があってどれを選んだらいいか迷ってしまいますよね。

床材にはそれぞれ個性があり特に木材は知れば知るほど奥深く

使い込んでいくと独特の味わいが出てくるのも魅力の一つです。

毎日生活する家だからこそ気に入った材質を使いたい。

そんなあなたのために今回はフローリングの床材の種類と特徴についてお話します。

フローリングの床材は主に2つ

沢山種類があるように思えますが、フローリングの床材は大きく分けて2つ。

これさえ抑えておけば選びやすくなります。

複合フローリング

複合フローリングとは合板や集成材などの基板に化粧板をのせたものを指し、一般的なマンションや分譲住宅で見られます。

基板の上には

・無垢材などの木板をのせたタイプ

・木目や石目などのシートを張り合わせたタイプ

とあります。

木板をのせたタイプはウッドならではの自然な雰囲気を保ちつつ安価に仕上げる事が出来るのが一番のメリットと言えます。

無垢フローリングよりお手入れもしやすいので人気の高いフローリング材です。

(フローリングのお手入れの仕方は記事 フローリングを張り替える前に、試してみたくなる3つのお手入れ法とは?」 を参考にして下さい。)

シートを張り合わせたタイプは様々な柄から好みのものを選べるのがポイント。

防音性の高いクッション素材のものなど用途に応じて選ぶ事が出来るので、台所や洗面所、2階のフローリングなどに使われる方も多いですね。

ただし木板に比べると若干耐久性は落ちるのでどの場所に使うかはよく検討しましょう。

無垢フローリング(単層フローリング)

無垢フローリングは合板など使わず天然木一枚板を使っているため

本格的なウッドの自然な質感を楽しめるだけでなく、

経年による劣化も複合フローリングに比べると少なく

天然木ならではの味わいが出てくるのが最大の魅力でしょう。

また木には本来乾燥していると湿気を取り込み、湿度の多い時期には水分を逃がす

「調湿作用」が備わっていますが、

無垢フローリングは「調湿作用」を最大限に発揮し快適な居住空間を与えてくれます。

四季のある日本で昔から建物に木材が多く使われてきたのは

木が自分で湿度の調整を行い劣化を防ぐ

生きた資材であるからとも言われています。

無垢フローリングのデメリット

無垢フローリングの唯一のデメリットは

調湿作用により時には反り返ったり形を変化させるため

隙間が空いたり割れが生じる事です。

特に乾燥時期やエアコンをかけ続けていると木から水分が失われ隙間ができる事があります。

隙間や反り返りは補修の必要はなく、湿度が高くなれば木が膨張し元に戻りますが、

気になる方はオイルで表面を仕上げると変形を多少防ぐ事ができます。

ウレタン塗装などのコーティングも効果的ですが、木本来の調湿作用が失われるため

無垢材の質感を楽しみたい方にはあまりおすすめしません。

 

気に入ったフローリング材は見つかりましたか?

床材は部屋の印象を大きく左右するので

ぜひ自分の目で確かめて良い資材と出会っていただきたいと思います。

フローリング材について詳しく知りたい方はぜひお問い合わせください。

    2017928115955.jpgのサムネイル画像のサムネイル画像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.ishikawa-kensetsu.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/27

ページ上部へ